子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 子宮の仕組みと基礎知識 » 位置と構造

位置と構造

ここでは、子宮の構造や位置についてまとめています。

子宮の構造

まずは、子宮の構造について知りましょう。

子宮のかたちと構造

子宮は、洋ナシを逆さまにしたような形です。中は空洞で、上部が子宮体部、下部が子宮頚部、下部の出口が膣、内部は子宮内膜で覆われています。そして左右それぞれに伸びた卵管が、卵巣につながっています。人間が両脇にボールを抱えたようなイメージです。

子宮自体の大きさは、幅が4センチほど、長さは7センチ前後、重さは50グラム程度です。妊娠時には子宮体部で赤ちゃんは成長し、合わせて、子宮の幅も25センチ、長さも30センチ程度にまで大きくなります。

子宮の位置

子宮は骨盤の真ん中にあり、お腹側に膀胱、背中側に直腸があります。子宮にトラブルが起こると、排尿障害や便秘と結びつくのも、この位置関係からくるものです。

子宮を支える筋肉

子宮を支えている筋肉は、骨盤底筋といいます。妊娠をしていずれ、約3000グラムにもなる赤ちゃんを支えることになる、大切な筋肉です。

しかし、これが出産や加齢によって弱ってくると、頻尿や尿もれを引き起こします。加齢と共に気になってきたら、膣や肛門の筋肉を動かす、「骨盤底筋体操」をすると効果的です。

子宮内膜の構造

子宮は3層構造になっています。漿膜(しょうまく)・筋層・粘膜層この粘膜層が子宮内膜です。

子宮内膜は、月経の周期に合わせて変化します。まず、卵胞ホルモンであるエストロゲンの働きによって、子宮内膜が増殖します。

そして排卵すると、受精卵が着床しやすいよう、厚くなり、ふかふかのベッドのような状態を準備します。ここで、受精卵が着床すれば妊娠。着床しない場合には内膜がはがれ落ちて血液と一緒に排出されます。これが月経です。

このように、受精卵を受け入れるための準備を繰り返すのが、子宮内膜の働きです。

また、最近患者数が増えているのが、子宮内膜症。これは、子宮以外の場所に子宮内膜ができてしまう症状です。月経痛の悪化や性交痛、排便痛、また過多月経などを引き起こします。

不妊症の原因にもなりますので、思い当たることがあれば、一度婦人科を受診してみましょう。