子宮筋腫まるわかり トップ » よくわかる子宮筋腫の治療と対策 » 外科手術

外科手術

ここでは、婦人科で行われる子宮筋腫の外科手術について解説しています。

手術による治療が選択される場合

子宮筋腫の治療に外科手術が適していると考えられるのは、以下の場合です。

  • 月経過多や貧血が薬剤でも改善せず、悪化している
  • 筋腫が大きくなって子宮の周りの臓器を圧迫。腰痛や便秘、頻尿などを起こしている
  • 閉経後に男性のこぶし大以上の筋腫がある
  • 筋腫が不妊や習慣性流産、早産の原因になると考えられる場合

子宮筋腫の手術には、子宮をすべて摘出する「全摘出」筋腫だけを取り除く「核摘出」があります。

子宮筋腫の症状が重く、今後、妊娠を望まないという場合に行われるのが全摘出です。子宮を摘出することで、子宮筋腫の再発や子宮ガンのリスクがなくなります

子宮をすべて摘出すると、女性ホルモンが分泌されなくなるのではないかと思われがちですが、女性ホルモンは子宮からではなく、卵巣から分泌されているので、その点については心配無用です。

しかし、妊娠・出産ができなくなったり、子宮を失ったことへの喪失感を抱えるなどのデメリットが生じます。

将来、妊娠・出産を希望する場合や、子宮を残したいという人には、筋腫だけを取り除く核摘出が行われます。

子宮を残すことはできますが、小さな筋腫すべて取り除くことは難しいため、再発する可能性があること、手術後に癒着が起こりやすいという点も考慮しておく必要があります。

子宮筋腫の手術方法

子宮筋腫の手術には、いくつかの種類があります。それぞれの手術には、メリットはもちろんデメリットもあります。

開腹手術

お腹を切って行う手術です。もっとも安全性が高く、大きな筋腫がある場合や、筋腫の数が多い場合などに適しています。

しかし大掛かりな手術になるため、全身麻酔や、手術後の痛みは避けられません。

また、切開した跡も残りますし、さらに無理な動きをすると、ケロイド状の傷跡が残ってしまいます。

術後の入院期間も長く、他の手術に比べると、日常生活に戻るのに時間がかかってしまうので、患者に大きな負担がかかってしまうでしょう。

他の手術方法では難しい場合のみ、開腹手術と考えるのがベストです。

  • メリット
    お腹を開けるので、ほかの臓器との癒着なども確認しながら手術が進められるため、筋腫以外の異常が見つかった場合でも対応可能。
  • デメリット
    術後の痛みが強く、大きな傷跡が残る。
  • 費用
    6万程度

腹腔鏡手術

数箇所の切開した部分から内視鏡を入れ、モニターで観察しながら手術を行います。その際、内視鏡で見えやすくするためにお腹に炭酸ガスを入れます。

切開は、お腹に小さな穴をあけるだけなので、従来の開腹手術と比較すると、術後のダメージが少ないです。

そのため、入院期間も短く、元の生活に戻りやすいので、患者に優しい手術と言えるでしょう。

最近では、多くの婦人科良性疾患はこの腹腔鏡手術を受けられますが、婦人科悪性腫瘍など、腹腔鏡手術が難しい場合は、開腹手術になります。

  • メリット
    小さな穴をあけるだけなので、開腹手術と比べて傷口が小さく、術後の癒着も少ない。
  • デメリット
    設備の関係で、手術できる病院が限られる。難易度が高く、執刀する医師の技術に大きく依存する。
  • 費用
    6万程度

子宮鏡手術

子宮の内部に液体を注入し、膨らんだ子宮の内部に子宮口から内視鏡を入れて、モニターを見ながら、電気メスで切除する手術です。手術前日から入院し、大体1~3日で退院できます。

手術では、全身麻酔を使いますが、手術後の痛みはほとんどないです。

筋腫の大きさにもよりますが、手術時間も20~60分と短く、また、切開をするわけではないので腹腔内の環境に影響がありません。

他の手術に比べて、かなり身体への負担が少ないので、日常生活へも早く復帰できるでしょう。

  • メリット
    お腹に傷がつかない。術中の出血が少なく、術後の痛みも軽減される。
  • デメリット
    摘出できる筋腫の大きさに限界がある。子宮腔内の癒着や子宮穿孔(子宮に穴があくこと)が起こる場合がある。
  • 費用
    3万程度

膣式手術

膣から子宮頸部の周りに切れ目を入れて子宮を引き出し、子宮を全摘出する手術です。出産経験があり、癒着がなく、筋腫がそれほど大きくない場合に可能になります。

医療の発達が著しいアメリカでは、膣式手術がもっとも行われています。

日本においても、もかなり浸透してきましたが、この手術は視野が狭く、目で確認できる情報が少ないため、執刀医にとってはかなり難易度の高い手術となります。

しかし、切開手術のように皮膚を切りませんし、手術後の退院も早いので、患者は苦痛や負担が少ないです。

この手術を受けたい場合は、まず膣式手術ができる執刀医を探すのが良いでしょう。

  • メリット
    お腹に傷ができず、術後の回復が早く、痛みが軽い
  • デメリット
    術中、見える範囲が狭く、筋腫以外の異常に対応できない。腹腔鏡を併用することもある。
  • 費用
    4.5万程度