子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » よくわかる子宮筋腫の治療と対策 » 病院で行われる子宮筋腫の検査

病院で行われる子宮筋腫の検査

不正出血や腹痛が長く続くようだと、それは子宮筋腫が原因ではないかと考えられます。もしかしたら子宮筋腫ができているかもしれないと感じたら、検査を受けることをおすすめします。

子宮筋腫の検査の流れ

考える女子宮筋腫の検査の流れは、問診・内診・超音波検査をするのが一般的ですが、これらに加え触診や精密検査をすることもあり、子宮筋腫の状態について複合的に調べられます。

問診

問診では、あらかじめ用意された問診票に記入していくことが一般的です。問診では、月経周期や自覚症状、不正出血の有無などを調べていきます。

内診

内診では、子宮全体の大きさや形、表面の状態や硬さなどを調べます。

内診は医師が膣内に指を入れて、卵巣や子宮の状態を調べます。触診とも呼ばれ、筋腫の大きさや位置を調べるのに効果的な方法です。大きな筋腫になると、体の外側から触ることができ、筋腫が周囲の組織と癒着していないかも確かめられます。この時に血液検査が行われることがあり、貧血の状態を調べられます。血液検査では、悪性腫瘍の判別をするため、乳酸脱水素酵素なども検査されます。

超音波検査

超音波検査では、経腟超音波検査と経腹超音波検査の2通りの方法があります。

経腟超音波検査は膣内に直接機械を入れて調べる方法で、経腹超音波検査はお腹から見る方法です。

経腟超音波検査が一般的な方法で、子宮の状態を詳しく見るのに適しています。

一方の経腹超音波検査は、膣からの検査で痛みがひどい場合や患者の性交経験がない場合に使用され、この検査では事前に尿を貯めておく必要があります。子宮筋腫の有無が確認できる方法で、筋腫の大きさや数、場所、筋腫のタイプ、卵巣の状態などが確認できます。この検査では、痛みや副作用の心配はありません。

精密検査

精密検査ではMRIやCTを行いた画像診断検査を行います。MRI検査は多量の磁気を使用し、CT検査は微量の放射線を使用します。どちらも超音波検査よりも鮮明な画像を撮影できるので、小さい筋腫など細かい症状を確認するのに適しています。撮影では造影剤を使用することがあります。

内視鏡検査

子宮の奥の部分や卵管、卵巣を見たい時に行う検査です。使用するのは、胃カメラよりも細い直径3㎜のカメラを使用します。筋腫の状態を細かく見るのに適しており、粘膜下筋腫の有無や筋層内筋腫がどれくらい突き出しているのかを調べます。この時に使用する内視鏡は、筋腫核出術で筋腫を摘出するのにも使用されます。

子宮卵管造影検査

卵管が開通しているか、子宮内部に筋腫があるかを調べるために行う検査です。不妊症の検査では一般的な方法で、子宮筋腫の検査としても行われます。カテーテルと呼ばれる細い管を子宮内に入れて、造影剤を入れてX線撮影をします。造影剤が子宮から卵管、腹腔内へと流入する状態を、お腹の上から撮影します。筋腫によって形やゆがみがある部分、塞がっている部分には造影剤が入らないので、どのあたりに筋腫があるのかがわかります。

細胞診

子宮や筋腫の細胞を取って、顕微鏡で検査します。悪性腫瘍や子宮ガンでないかを調べるために行われます。細胞を採取するために子宮内にチューブを入れるので、少し痛みが生じることがあります。内診などで悪性腫瘍かどうかわからないときに、細胞診が行われます。

これらの検査を通して、子宮筋腫の大きさや場所によっては、今後治療を進めていくことになります。

【コラム】定期検診などでの早期発見が何より重要

子宮筋腫は自覚症状がないので、体に大きな変化が表れてから検査したら筋腫ができていたということがよくあります。気づいたら検査に行くのではなく、定期検診という方法でも子宮筋腫の対処法になります。定期検診なら、子宮筋腫の早期発見につながるので、安心して過ごすことができます。良性の腫瘍ということもあるので、見つかれば必ず手術ということはありません。

子宮筋腫の検査は、内診や超音波検査などの基本的なものであれば、保険が適用されて1回当たり3,000円程度になります。しかし、定期検診となると保険が適用されないので、費用は自己負担になります。また精密検査を自主的に受けるとなれば、自由診療となるので保険が適用されません。内診や超音波検査で子宮筋腫の疑いがあれば、さらに検査するなら保険が適用されます。

費用が気になるという人なら定期検診は遠慮しがちですが、定期検診をすることで早期発見につながり、子宮の健康を維持していくのに大事なことにもなります。

また早期対策のためという観点で、子宮筋腫の症状に効果があると言われている成分を取り入れる民間療法サプリなどを利用した栄養療法も有益と考えられています。

定期検診と合わせて、日常生活の中でもできる手軽な対策を行うことで、大きなリスクを未然に防いでいきたいものです。

子宮筋腫の諸症状にはたらきかける成分を厳選して紹介しています>>