子宮筋腫まるわかり トップ » よくわかる子宮筋腫の治療と対策 » 病院で行われる検査

病院で行われる検査

このページでは、病院で行われる子宮筋腫の画像検査について紹介しています。

子宮筋腫の画像検査

考える女子宮筋腫は自覚症状が現れにくいため、婦人科検診などの際に発見されることが多くなっています。

しかし筋腫がある程度進行すると、お風呂などで下腹部を触ったとき、握りこぶし程度の硬いしこりに気づくこともあります。

生理痛が重くなり、出血量も増えて貧血を起こす、或いは頻尿になる、という症状が現れることもあります。

いずれにせよ子宮筋腫の心配がある場合は、病院でしっかりと検査してもらう必要があります。子宮にできる腫瘍の中でも、子宮筋腫は良性の範疇ですが、悪性の肉腫である可能性もあるからです。

病院ではまず問診や触診を行った後に、以下のような検査が実施されます。

超音波(エコー)

膣内に細く長い超音波プローペを挿入し、子宮や卵巣にあてることで診断します。

子宮筋腫がある場合には、簡単に画像で確認することができます。その位置や大きさ、数などもある程度正確に把握できます。

子宮鏡検査

細いカメラを子宮内に挿入し、内腔の状態を画像で見る検査方法。

エコーでは見えない小さな筋腫や、粘膜下の筋腫状態を確認するために行われます。

CT・MRI

CTはX線を利用した装置で体内の様子を断層画像にして調べる方法。MRIは磁気を利用して身体内部の様子を画像化する方法です。

いずれもエコーよりはっきりとした画像を得られるため、子宮筋腫の症状や、他の子宮の病変との区別をするために役立ちます。

子宮卵管造影

細い管で子宮に造影剤を流し、その様子をレントゲン撮影する検査法。不妊と筋腫の関連を調べる際に採用されます。

血液検査・細胞診

上記以外にも血液検査でホルモンバランスを調べたり、子宮頸部の表面にある細胞を取って、がんの可能性がないかなどを調べます。

こうして行われた診療の結果、医師から治療方針が提案されることになります。

今後出産の予定がある方は、高度な医療設備を有する経験豊かな医師に相談していくことも大切です。