子宮筋腫まるわかり トップ » よくわかる子宮筋腫の治療と対策 » ホルモン療法

ホルモン療法

ここでは、婦人科で行われる子宮筋腫のホルモン療法について解説しています。

子宮筋腫の治療で行われるホルモン療法とは

対症療法である薬物療法で効果が得られない場合は、ホルモン療法が行われることがあります。

これは「偽閉経療法」ともよばれ、注射やスプレー式の点鼻薬などでホルモン剤を投与して、女性ホルモンの働きを抑え、人工的に閉経状態を作り出す治療法です。

生理が来なくなるので出血量も減り、閉経後に筋腫が小さくなる原理で、子宮筋腫が小さくなります

ホルモン注射画像子宮を温存することができますが、偽閉経療法の薬は長期の使用によって骨がもろくなり、骨粗しょう症などになりやすくなるという副作用があるほか、急に女性ホルモンが出なくなってしまうので、のぼせやほてり、発汗、イライラなどの更年期症状が出ることもあります。

また、偽閉経期間は筋腫が小さく、子宮筋腫の症状も抑えられますが、薬をやめると生理が再開して、筋腫も元の大きさに戻ってしまいます。

この薬は、半年以上継続して使うことは禁止されているため、閉経まであと数年という人や、手術前に筋腫を小さくして手術をしやすくするという場合に用いられます。

低用量ピルが用いられることも

経口避妊薬である低用量ピルも、子宮筋腫の対症療法のひとつとして用いられることがあります。

ピルも、ホルモン剤のひとつであり、服用することで月経量が減ったり、月経痛が軽減するという効果が期待できます。また、貧血対策としてピルを処方される人もいるようです。

以前は、子宮筋腫の人にピルを処方してはいけないとされていましたが、ガイドラインが改定され、子宮筋腫の人でもピルを処方してもらうことができるようになりました。

しかし、低用量ピルには少量ではありますが、エストロゲンが配合されているため、子宮筋腫が大きくなるというリスクがあることをお忘れなく。