子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » よくわかる子宮筋腫の治療と対策 » 子宮筋腫は食事療法で小さくなるの?

子宮筋腫は食事療法で小さくなるの?

女性特有の病気である「子宮筋腫」。婦人科系の病気の中でも最も発症率の高い病気です。病院で子宮筋腫だと診断を受けたものの「手術を受けるのは怖い」という方もいるはず。できることなら、手術や薬に頼らず、普段の食生活で自然に子宮筋腫を小さくできたら嬉しいですよね。医学的な観点から見ると、子宮筋腫の直接的な改善に繋がる食べ物は残念ながら見つかってないとのこと。ただ、私たちの体は毎日の食事から作られるため、まったく無関係だとは言えないはずです。

子宮筋腫は良性の腫瘍が多く、命にかかわらないものがほとんど。とはいえ、放置しておくと生理不順になったり、不妊の原因になったりしてしまうこともあります。子宮筋腫だと診断された方はもちろん、これから妊娠・出産を控えている方も対策・予防のために普段の食生活の見直しが大切です。

ここでは子宮筋腫に関係する食べ物や今日からできる食習慣の見直しについてご紹介します。女性として輝く毎日を謳歌するためにも、「自分には関係ない」と思わず、ぜひ一緒にチェックしていきましょう。

子宮筋腫を小さくする食べ物ってあるの?

実は、子宮筋腫を発症する決定的な原因はまだわかっていません。ただ、初潮前の女性に発症例が見られなかったり、閉経後に筋腫が小さくなるケースが多かったりすることから、女性ホルモンの「エストロゲン」が関係しているのでは、と考えられています。薬物療法として、卵巣から分泌されるエストロゲンの量を抑える薬が処方されることも。

食べ物の中にも、エストロゲンの分泌を抑制するものが存在します。薬にだけ頼りたくない、もしくは予防対策として発症しにくい体づくりをしたいという方は、日々の食生活でできる限りのケアをしていきましょう

エストロゲンの過剰分泌以外に、体の冷えも女性の体には大敵です。体が冷えてしまうことで血行不良を招き、免疫力が低下。その結果、ホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌量の調整がうまくいかなくなることで、子宮筋腫を悪化させてしまう可能性があります。そのほかにも、冷えは子宮内膜症や卵巣のう腫などの婦人科系の病気のリスクを高めてしまう危険性も…。

子宮筋腫を発症している女性の中には、月経過多で貧血、またはつらい生理痛に悩まされている方も多いはず。体を温める食べ物を積極的にとることで血行が良くなり、生理痛を和らげることができます。また、血行促進は免疫力アップにもつながり、腸内環境を整えて便秘の改善効果もあるそうです。便秘も、たまったガスで膨らんだ腸が子宮を圧迫して症状を悪化させてしまうリスクがあります。

今日からできる子宮筋腫の改善や予防対策として「エストロゲンの分泌を抑える食べ物」「体を温めて代謝を促進する食べ物」の2種類がカギとなりそうです。積極的に摂取することで、子宮筋腫の改善や予防に何らかのプラス効果を与えると考えられています。

こんな食生活していませんか?子宮筋腫対策に要注意な生活習慣

子宮筋腫の対策として、普段の食生活の見直しをしてみましょう。次のリストの中に、当てはまるものはないかチェックしてみてください。

当てはまったら要注意!気をつけたい食習慣

  • 甘いお菓子が毎日の楽しみ
  • 野菜より牛や豚肉が好き
  • ごはんよりパン派!
  • 行きつけのお店はファストフード店やコンビニ、スーパーの惣菜コーナー
  • 食事のデザートに果物をつけている
  • 冷たい飲み物をガブ飲みしてしまう
  • 乳製品を食べたり飲んだりするのが好き

いかがだったでしょうか?1つも当てはまらなかったという女性のほうが少ないはずです。野菜中心の和食からお肉中心の洋食に食生活が変化している現代。自立した女性も増え、忙しさから気軽に利用できるファストフード店やコンビニ、スーパーの惣菜を日頃から利用している方も多いでしょう。毎日の甘いお菓子が欠かせない、またはビタミン摂取として果物を積極的に食べている方もいると思います。

豚肉や牛肉などの動物性脂肪は女性ホルモンの分泌を促進。その結果、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が関係しているといわれる子宮筋腫を悪化させてしまうリスクがあるのです。また、子宮筋腫を発症する女性の傾向として「体脂肪の多さ」もあるとのこと。そのため、お肉中心の食生活をしている場合は、見直しが必要です。

甘いものに目がない女性は、糖分が過剰摂取になりがち。糖分は多く摂ってしまうと、ドロドロの血液になりやすく、血行不良を招いてしまいます。血行が悪くなると体の冷えや免疫力の低下にもつながるため、注意しましょう。果物にも糖分が多く含まれているので、毎日のビタミン摂取として食べている方は野菜から摂ることが大切です。

ファストフードやコンビニ食、スーパーの惣菜も気をつけたい食習慣のポイント。忙しくても気軽にお腹を満たせる現代人の強い味方ですが、添加物や油が過剰に含まれているため頻繁に利用することはおすすめしません。

意外かもしれませんが、乳製品の過剰摂取も要注意。日本人の体内では乳製品を分解する「ラクターゼ」という酵素が活性化されていないと言われており、乳糖が消化されず体に溜まりがちになってしまいます。その結果、消化されなかった乳糖によりお腹がゴロゴロしたり、腹痛を引き起こしたりすることも。下痢や便秘は免疫力を低下させてしまうので、乳製品をとるとお腹が緩くなるという方は特に注意しましょう。また、乳製品には動物性脂肪や糖分が多く含まれているものもあるので、適度な摂取がベターです。

パンにもバターが多く使われているので、毎朝パンやヨーグルトを食べているという方は、時々は和食に切り替えることをおすすめします。

冷たい飲み物も、体の冷えを招く原因の1つ。ただ、夏場は暑さしのぎとして、冷たい飲み物が欲しくなりますよね。そのときはガブ飲みではなく、ゆっくり飲むことを意識してみてください。

子宮筋腫対策に摂りたい食べ物その1【エストロゲンの分泌を抑える】

子宮筋腫に関係していると言われるエストロゲンの分泌を抑える食べ物をご紹介します。今日からの食事に取り入れられる身近な食材ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

女性の味方!大豆イソフラボン

  • 納豆
  • 豆腐
  • みそ
  • 油揚げなど

ポリフェノールの仲間である大豆イソフラボンには、エストロゲンの分泌を調整してくれる働きがあります。そのため、エストロゲンが過剰に分泌されがちな子宮筋腫の女性にやさしい食べ物の1つ。納豆をはじめ、豆腐やみそなど日本人に親しまれている食材に多く含まれているのも嬉しいですね。

肝臓の働きをお助け!ビタミンB・ビタミンE

【ビタミンB6】

  • レバー
  • カツオ・マグロ(ビタミンB6)
  • バナナ
  • にんにく

【ビタミンE】

  • サーモン・カレイ(ビタミンE)
  • かぼちゃ
  • アーモンド
  • 玄米や豆類

ビタミンBやビタミンEを含む食べ物には肝臓の働きを改善し、エストロゲンの分泌を抑える効果があります。つらい生理痛で悩んでいる方には、ビタミンB6がおすすめです。炎症を鎮めて筋肉をリラックスさせる成分を作り出すのに必要な栄養素なので、カツオ、マグロなどの動物性食品が◎。バナナやにんにくにも含まれているので、カツオのたたきの薬味としてにんにくを添えたり、月経中の朝にはバナナを食べたりするのもいいですね。子宮筋腫の方は月経過多で貧血になるケースも多いので、エストロゲン対策はもちろん貧血対策としてレバーを食べるようにしましょう。

お腹もスッキリ!食物繊維

【水溶性食物繊維】

  • ごぼう
  • 海藻
  • アボカド
  • オクラ

【不溶性食物繊維】

  • いんげん豆・ひよこ豆・あずき
  • おから
  • エリンギ・えのき
  • 切り干し大根

食物繊維には、過剰なエストロゲンを排出する働きがあります。おなじように分泌を調整してくれるイソフラボンを含む味噌汁に、野菜や海藻などを入れるようにすると、手軽に摂取できますよ。食物繊維には便秘を解消してくれる効果もあるので、腸内環境を整えてくれる働きも!免疫力がアップするので、エストロゲンの抑制はもちろん、ぽっこりお腹をスッキリさせたい女性にもおすすめです。食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があるので、どちらもバランスよく食べるようにしましょう。理想的なバランスは水溶性1:不溶性2です。

エストロゲンの生成をSTOP!亜鉛

  • ブロッコリー
  • きゃべつ
  • きのこ

ブロッコリーや科別などのアブラナ科の野菜やきのこに含まれる亜鉛。男性ホルモンのテストステロンを女性ホルモンのエストロゲンに変えるアロマターゼ酵素の活性化を妨げる働きを持っています。アブラナ科の野菜には、亜鉛のほかにも「ジインドリルメタン」「インドール3カルビノール」という成分が含有。テストステロンを増やし、エストロゲンの分泌を抑えてくれますよ。

身近にいた意外なサポーター!カテキン

  • 緑茶

食べ物ではないものの、緑茶に含まれるカテキンにも、エストロゲンを抑制してくれる働きがあります。普段の食事のお供として、糖分を多く含むジュースから、緑茶に切り替えてみてはいかがでしょうか。冷たいままだと体を冷やしてしまうため、温かい緑茶をゆっくり飲むと体を温めてくれますよ。

子宮筋腫対策に摂りたい食べ物その2【代謝を促進する】

血行不良になってしまうと、さまざまな不調を招く原因に…。子宮筋腫の改善・予防対策としても、血流を良くして、代謝を促進することが大切です。代謝促進のために摂取したい食べ物を紹介します。

ドロドロ血液を解消!納豆

納豆特有の成分であるナットウキナーゼには、血管内の血栓を溶かす作用があります。ナットウキナーゼの効果は8時間と言われているので、朝ではなく夜食べるのがベター。1日1パックの納豆習慣を心がけるようにしましょう。

血液をサラサラにさせたいなら!青魚

  • イワシ
  • サバ
  • マグロ

青魚に含まれるEPAやDHAには、血液をサラサラにする効果が期待できます。ネバネバ血液や血栓にも◎。熱に弱いので、新鮮な刺身で摂取することをおすすめします。

気になる血圧をダウン!甲殻類・貝

  • カニ
  • エビ
  • 牡蠣
  • 貝類

甲殻類や貝類に含まれるタウリンは血圧を下げてくれる働きがあります。カニや貝類には亜鉛も多く含まれているので、動脈硬化の予防としてもGOOD。エビや牡蠣に含まれるシトステロールは、腸内のコレステロールの吸収を抑制してくれるので、高血圧やコレステロール値で悩んでいる方にもおすすめです。

高脂血や弱った血管を改善!ざるソバ

暑い夏の日に食べたくなる、さっぱりしたざるソバ。実は、コレステロール値を減少させる「レジスタントプロテイン」という成分が含まれています。ビタミン類も含有されているので、高脂血の改善や弱った血管を丈夫にしてくれる効果もあり。ソバには毛細血管を強化し、血管の弾力性をアップする成分「ルチン」が含まれているのも注目ポイントです。そば湯にもルチンが溶け出しているので、一緒に飲むことをおすすめします。ただし、つゆで割ると塩分過多になりがちなので、そのまま飲むようにしましょう。

女性が大好きなサツマイモにも血行改善効果あり!

食物繊維が多く含まれているイメージの強い「サツマイモ」。食物繊維には、ブドウ糖やコレステロールの吸収や血糖値の急激な上昇を抑制する働きがあります。抗酸化作用をもつアントシアニンという成分も多く含まれているので、血管の強化にも効果を発揮します。ビタミンCやカリウムも含有されており、特にカリウムは焼き芋にすると増えるというのは女性にとって朗報ですね。

子宮筋腫対策に摂らない方がいい食べ物その1【エストロゲンを増やす食べ物】

子宮筋腫の発症に関係するといわれている女性ホルモンの「エストロゲン」は、普段何気なく食べている物で増加する恐れがあります。ここでは、エストロゲンを増やす食べ物をご紹介。しっかりチェックして、子宮筋腫を悪化させないようにしましょう。

大豆食品

  • 豆腐
  • みそ
  • 油揚げ
  • 湯葉
  • おから など

大豆食品に含まれている「イソフラボン」には、エストロゲンの分泌を調整する働きを持っています。分泌を抑える効果もありますが、過剰摂取はかえって悪化を招くのでNG。適度な摂取を心がけましょう。

お肉や乳製品

  • 豚肉
  • 牛肉
  • 牛乳
  • チーズ
  • バター など

エストロゲンは体脂肪から作られるので、動物性脂肪の多い食品は避けたほうが◎。豚肉や牛肉などのお肉はもちろん、牛乳やチーズ、バターなども動物性脂肪が多く含まれています。「どうしてもお肉が食べたい!」というときは脂肪の少ない部位を食べるようにするといいですね。生クリームも動物性脂肪が含まれているので、洋菓子やアイスクリームを食べ過ぎないようにするのも大切です。

  • 卵焼き
  • 茶碗蒸し
  • かに玉 など

卵にはエストロゲンの材料となる良質の「コレステロール」が、豊富に含まれています。卵料理に目がないという方も、1日1個を目安に摂取するのがベター。

ごま

  • ごま団子
  • 担々麺
  • ほうれん草のごま和え など

ごまに含まれている「ゴマリグナン」はポリフェノールの一種で、エストロゲンと似た働きがあります。アンチエイジング効果もありますが、過剰摂取にならないように気をつけるようにしましょう。

キャベツ

  • ロールキャベツ
  • 回鍋肉
  • お好み焼き など

キャベツには「ボロン」というバストアップ効果のある成分が含まれています。胸を大きくしたい女性には朗報ですが、ボロンにはエストロゲンを活性化する働きがあるので摂りすぎには要注意です。

ザクロ・山芋

  • ザクロジュース
  • 山芋サラダ

ザクロや山芋も大豆食品と同じく植物性のイソフラボンが含まれています。エストロゲンが不足しがちな女性にはうれしい食べ物ですが、子宮筋腫の方はエストロゲンが過剰分泌されがち。そのため、食べるのは時々にしておくと◎。

エストロゲンは決して悪いものではなく、女性の美容には欠かせない存在です。とはいっても、過剰摂取は女性ホルモンが影響しているといわれる子宮筋腫の対策としては避けたほうがいいでしょう。お肉や甘いものが好きな女性にとっては極端な我慢はストレスにもなりやすく、体内環境のバランスも崩してしまいます。エストロゲンの分泌を抑える食べ物とバランスを調整しながら、上手に摂取するといいですね。

子宮筋腫対策に摂らない方がいい食べ物その2【体を冷やす食べ物】

体を冷やしてしまうと免疫力が低下し、ホルモンバランスが崩れやすくなります。その結果、エストロゲンの調整が上手くいかなくなってしまい、子宮筋腫を悪化させる可能性も…。体を冷やさないためにも、日頃の食生活の見直しはとても大切です。ここでは、子宮筋腫対策で摂らない方がいい、体を冷やす食べ物をご紹介します。

実は体を冷やしているかも?気をつけたい食べ物

夏野菜

  • きゅうり
  • トマト
  • ゴーヤ
  • ナス
  • オクラ
  • ピーマン など

きゅうりやトマトをはじめとする多くの夏野菜には、カリウムが含まれています。カリウムには利尿作用があり、水分と一緒に体内の余分な熱を排出。そのため、体温が下がって冷えてしまうのです。土の外で作られた野菜や青・白・緑色の野菜も、体を冷やすといわれています。

果物

  • すいか
  • パイナップル
  • レモン
  • メロン
  • キウイフルーツ など

美容やアンチエイジングのために摂取する方が多い果物ですが、体を冷やす効果があります。なかでも暑い地方でとれる果物は、夏野菜同様にカリウムが多く含まれているので、体を冷やす効果が高くなっているそうです。白湯やハーブティーなどの温かい飲み物と一緒に摂るようにして、体を温める工夫をしましょう。

豚肉

肉類の中でも体を冷やす効果があるのは、豚肉です。暑い地域の沖縄で豚肉がよく食べられているのは、体を冷やす働きを利用してのものかもしれません。

魚・貝類

  • うなぎ
  • はも
  • あさり
  • ウニ
  • しじみ など

魚は色合いの白いものや青いものが、体を冷やしやすいと考えられています。反対に、北の海で取れる赤身の魚は体を温める効果があるそうです。

調味料

  • マヨネーズ
  • トマトケチャップ
  • ドレッシング
  • 白砂糖
  • オイスターソース
  • 化学調味料 など

食べ物ではありませんが、料理に欠かせない調味料にも、体を冷えやすくするものがあります。少量とはいえ毎日摂取するので、摂りすぎには注意が必要です。基本的に酸っぱい調味料は体を冷やすといわれています。

体を冷やす効果がある食べ物を、気づかず普段の食事で口にしていた方は多いのではないでしょうか?これらすべてに気を使って料理をしたり食事をしたりするのはとても大変です。けれど、3食中の1食でも意識してみることで、子宮筋腫が小さくなったり改善や予防につながったりするかもしれません。日常でできる対策の1歩として、ぜひチェレンジしてみてください。

【番外編】サプリで栄養素を効率的に摂取

毎日の食生活で子宮筋腫の改善を図るにも、準備するのは結構大変ですよね。手間も時間もかかってしまいます。特に子宮筋腫の場合は長期的な対策が必要なため、ずっと栄養のバランスを考えることでストレスになる可能性も…。ストレスは女性ホルモンのバランスを崩すため、子宮筋腫を悪化させる恐れがあります。改善を試みて、逆に症状を悪化させてしまっては元も子もないですよね。

そこで、ストレスなく手軽に栄養を摂取できる手段としておすすめなのが、サプリメントです。サプリメントは粒やカプセルになっている物が多いので、持ち歩きにも便利。場所を選ばず、いつでもどこでも摂取することができます。普段の食事では摂取しにくい栄養素を、簡単に摂れるのも◎。献立のバランスを考える時間から解放されるだけでも、ストレスが軽減される女性も多いはずです。

子宮筋腫に悩む女性に、ぜひ摂取してもらいたい栄養素を含んだサプリをご紹介します。子宮筋腫で悩んでいる方や予防したい方は、ぜひチェックしてみてください。

子宮筋腫に良いのはどのサプリ?成分を徹底比較!>>

子宮筋腫を小さくする食事対策のまとめ

子宮筋腫に良いといわれている食べ物や気をつけたい食べ物を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?意外な食べ物で子宮筋腫を小さくする効果を期待できたり、または要注意な食生活習慣を気づかずにしていたりと、ビックリした方もいるはず。

子宮筋腫の直接的な改善にはつながらないものの、食生活の見直しで、エストロゲンの分泌を抑えたり、体内のバランスを整えたりすることはできます。健康的な体づくりは子宮筋腫をはじめ、さまざまな病気の予防にもなりますよ。

ただし、いくら子宮筋腫に良いといわれていても、特定の食べ物ばかりを摂取するのはNG。栄養バランスが偏ってしまったり、ストレスになったりすることもあります。病院での治療のお供として食生活の見直し、さらにそのサポートにサプリメントと、賢くバランスの良い対策を心がけましょう。