子宮筋腫まるわかり トップ » よくわかる子宮筋腫の治療と対策

よくわかる子宮筋腫の治療と対策

ここでは、子宮筋腫のおもな治療法と対策について解説しています。

子宮筋腫の治療法と対策

子宮筋腫のおもな治療法として、薬物療法、漢方による治療、ホルモン療法、外科手術などがあります。

薬物療法は、子宮筋腫によって生じるさまざまな症状を緩和させる対症療法です。月経痛には鎮痛剤を、貧血には鉄剤や増血剤を、月経量が多い場合には止血剤などが処方されます。体への負担は少ないものの、根本的な治療にはならず、筋腫がさらに大きくなることもあります。

体質を変えていくことで、子宮筋腫の症状を改善させていくのが漢方による治療です。副作用が少ないというメリットがありますが、時間がかかったり、大きくなった筋腫に対してはあまり効果が感じられなかった人もいるようです。ホルモン療法と併用することで、効果が高まるといわれています。

ホルモン療法は、女性ホルモンの働きを抑えて、人工的に閉経状態を作り出す治療法です。生理が止まるので出血量も減り、閉経後に筋腫が小さくなる原理で、子宮筋腫が小さくなります。

ただし、偽閉経法の薬の長期使用は、骨をもろくするなどの副作用があります。また、急に女性ホルモンが出なくなると、のぼせやほてり、イライラなどの更年期症状が出ることも。偽閉経期間は筋腫が小さくなり、子宮筋腫の症状も抑えられますが、薬をやめると生理が再開し、筋腫も元の大きさに戻ってしまいます。

月経過多や貧血が薬でも改善せずに悪化したり、子宮が大きくなって他の臓器を圧迫している場合には、外科手術という選択肢が採られます。

子宮をすべて摘出する「全摘出」と、筋腫だけを取り除く「核摘出」があり、筋腫の数や大きさ、将来、妊娠を希望するかどうかによって決められます。

手術方法も、お腹を切って行う開腹手術や、お腹に小さな穴をあけ、器具を挿入して行う腹腔鏡手術、子宮口から内視鏡を入れて行う子宮鏡手術などがあり、それぞれにメリットがあります。

こうした治療のほか、食事や生活習慣を改善し、子宮筋腫の症状をやわらげていくことも大切です。