子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » よくわかる子宮筋腫の治療と対策

よくわかる子宮筋腫の治療と対策

子宮筋腫は病気ではありませんが、大量出血を引き起こすなどの原因になるため、場合によっては治療が必要になる事があります。治療には薬物療法や漢方療法、外科手術といった方法があり、これらの方法で子宮筋腫が改善できます。

薬物療法(ホルモン療法)

子宮筋腫は女性ホルモンの分泌が原因の一つと考えられており、ホルモンの動きが活発になると、子宮筋腫ができやすくなります。筋腫が大きくなると、出血が多くなるだけでなく、生理期間が長くなったり、不妊症や流産・早産になったりする原因になる事があります。

子宮筋腫は女性ホルモンの中でも、特にエストロゲンが大きな原因の一つではないかと言われており、薬物療法では、このエストロゲンの分泌を抑えることを目的に、治療を行っていきます。「GnRHアゴニスト」などの薬剤を使用して分泌量を抑え、筋腫を小さくしていく治療です。

しかし薬物療法にはデメリットがあり、この治療で完治するとは限らず、長期間の薬剤投与により骨密度が低下することや、治療の中止で子宮筋腫が元の大きさになることもあります。そのため、薬物療法は手術する前の治療として行われることが多いです。子宮筋腫の症状をやわらげるために薬剤を使用することがあり、増血剤や止血剤、消炎鎮痛剤などで症状をやわらげる方法も行われています。

薬物療法について詳しくはこちら>

漢方療法

漢方療法は、ホルモンのバランスを整えるのに有効な方法で、根本的な体質改善を行うために使用されます。漢方療法によって、子宮筋腫で起こる症状を改善できたり、筋腫の成長を止めたりする効果が期待されます。

ただし漢方薬だけでは子宮筋腫が完治できるとは限らず、あくまでも症状改善のために行われるという位置づけです。

漢方療法について詳しくはこちら>

外科手術

子宮筋腫は薬剤療法や漢方療法によって改善が期待されますが、場合によっては手術が必要になる事もあります。良性の腫瘍である子宮筋腫ですが、これが大きくなると貧血などの症状が起こり、場合によっては妊娠に影響がでるおそれも懸念されます。特に妊娠を希望している人は、子宮筋腫に気を付けなければなりません。

子宮筋腫を取り除く手術を受けるかどうかは筋腫の大きさが一つの目安になります。筋腫が小さく、症状も重くなければ経過観察になり、3~6か月の通院でその経過を見ることになります。筋腫が大きくなり、症状が重くて生活に支障をきたすものであれば、薬剤療法や手術が必要になるかどうか、検討することになります。

手術をする筋腫の大きさとしては、日本産科婦人科内視鏡学会が定めるガイドラインが基準になります。5~8cmを超える筋腫なら、筋腫核手術をすることが望ましく、子宮をそのままに筋腫のみを取り除く手術なので、妊娠を望んでいる人におすすめの手術方法です。筋腫が8cm以上で急速に大きくなり、MRI検査で悪性の疑いがある場合は、子宮そのものを取り除く単純子宮全摘出を行うことがあります。

手術の方法は、筋腫核手術では腹腔鏡手術を行うことが多く、手術後の妊娠ができることがメリットです。デメリットとしては、子宮筋腫の再発率が高いことで、また筋腫ができることがあります。

子宮全摘出なら、子宮をすべて取り除くため、子宮筋腫の再発や子宮がんの発症を予防する効果があります。この方法のデメリットは、術後の自然妊娠ができなくなるので、子供が欲しい人なら事前に医師と相談したほうがいいでしょう。

外科手術について詳しくはこちら>

食事療法

病院で子宮筋腫だと診断を受けたものの「手術をするのは怖い」「薬だけに頼りたくない」という方におすすめなのが食事療法です。普段の食生活で子宮筋腫の改善を期待でき、気軽に予防対策として取り組めるのがポイント。

子宮筋腫を発症する原因はまだ分かっていないものの、関係していると考えられているのが女性ホルモンの「エストロゲン」の過剰分泌です。食べ物の中には、エストロゲンの分泌を抑えたり、逆に増やしたりしてしまうものも存在します。

また、女性の大敵である「体の冷え」も要注意。子宮筋腫の悪化、または発症させるリスクを高める可能性があるだけでなく、さまざまな病気の不調を招いてしまいます。

毎日の食生活を振り返って、子宮筋腫に良い食べ物を摂取できているか、または体を冷やす食べ物を摂っていないかなどの見直しが大切です。

食事療法について詳しくはこちら>