子宮筋腫まるわかり トップ » 子宮筋腫と生理の関係 » 月経困難症

月経困難症

ここでは、月経困難症(生理痛)の症状の種類と対処法について、まとめています。

月経困難症について

月経困難症は、「機能性月経困難症」「器質性月経困難症」に別れます。

機能性月経困難症

機能性月経困難症(原発性月経困難症)は、下腹部痛だけでなく、腰痛・頭痛・吐き気・めまいなどが全身症状としてあらわれます。

子宮の収縮に伴う痛みや子宮内膜から出るプロスタグランジンという有痛物質が原因とされます。

それ以外に、心理的要因も考えられており、月経時のストレスや不安なども大きく影響するといわれています。月経を、妊娠に向けた大切な準備と前向きに捉え、痛みがあれば我慢せず、鎮痛剤で早めに楽になることを心がけましょう。

器質性月経困難症

器質性月経困難症(続発性月経困難症)は、機能性と比べて、下腹部痛や腰痛などの症状が激しくなる傾向にあります。年齢とともに月経痛が悪化している場合には、器質性の疑いが強いです。

原因は、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮のトラブルが多いです。

子宮内膜症がある場合には、内膜以外でも内出血するため、激しい疼痛があります。また、合わせて下痢や腰痛など、様々な症状があらわれることも。

子宮筋腫がある場合には、経血量が増加し、レバー状のかたまりが多く出ることで、痛みが増します。

子宮筋腫は、すぐに治療が必要な場合もありますが、経過観察となることも多いので、筋腫の疑いがあっても焦る必要はありません。医師と相談してうまく付き合いましょう。

月経困難症との付き合い方

何より大切なのは、身体を休めて、安静にすることです。身体を緊張させたり、冷やしたりすると悪化する事があるので、できるだけ身体を温め安静にしましょう。

ただ、学校や仕事を休めない場合には、鎮痛剤を早めに飲んだり、睡眠時間を多めに確保したりするなどして、月経周期に合わせて、予防的に体調管理をしていきましょう。

また、「生理が来たら痛くなる…」と考えてしまう事自体が、ストレスとなって、悪影響をおよぼすことがあります。不安な気持ちもありますが、あまり気にし過ぎず、無理せずセルフケアしていきましょう。