子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 子宮筋腫と生理の関係

子宮筋腫と生理の関係

ここでは、子宮筋腫と生理の関係について、まとめています。

子宮筋腫と生理の異常

子宮筋腫など、子宮に何かトラブルが発生すると、生理に影響が出ることが多いです。

子宮筋腫で見られる生理異常の例

  • 生理の周期が安定しない(月経不順)
  • 激しい生理痛
  • 出血量が多い

ただ、思春期や更年期は、子宮に筋腫や炎症がなくても、月経のトラブルが多く見られます。ここでは、子宮筋腫などの病気を早期発見できるように、以下について解説しています。

生理のメカニズム

生理とはどのようにしておこるのか。また、どんな症状があらわれたら注意すべきかなど、生理の基礎知識をまとめています。

正しい生理周期の数え方

生理周期の乱れは、ホルモンバランスの崩れや、子宮のトラブルが原因で起こることが多いです。まずは、正しい生理周期の数え方を知り、自分の生理周期を把握しましょう。

月経不順

生理周期が安定しないことを、月経不順といいます。また月経不順にはいくつかの種類があり、それぞれ原因や疑われる病気も異なります。

早期発見のためにも、周期が安定しない方は、一口に「月経不順」ですませるのではなく、自分がどのタイプなのかを知っておくことが大切です。

月経困難症

生理痛のことです。特に子宮に病気を持っていなくても、症状が重い人もいますが、子宮筋腫や子宮内膜症などの症状の可能性もあります。

月経困難症の症状や、付き合い方などを紹介しています。

子宮筋腫と生理が来ないことの関係

生理周期が順調な方は生理がこないとすぐに気が付きますが、生理周期が不安定な方は、なかなか気づかないことも多いのではないでしょうか。生理がこない原因が子宮筋腫である可能性も。「生理がこないと楽だから」と放っておいてはいけません。なぜ生理がこないのか、さまざまな原因をまとめました。

生理時の出血の量と子宮筋腫の関係

いつもと比べて生理の量が増えていると感じている方は、注意が必要です。危険な病気のサインかもしれません。しかし自分の量が人よりも多いのか分からないという方も多いでしょう。ここでは正常な量がどのくらいなのか、放置しておくとどんな危険があるのかまとめました。「出血の量が増えたくらいで病院に行くのはちょっと…」と思わず、病院で診察を受けましょう。

生理で血の塊が出た!子宮筋腫との関係は?

多くの女性が少なからず抱えている生理の悩み。デリケートな問題のため誰にも相談できず、気になることがあっても放置してしまう女性が多いのが現状です。しかし生理時に梅干しくらいの大きさの血の塊が何度も出る場合、放置していると子宮筋腫になる可能性も。血の塊はなぜできるのか、子宮筋腫とはどのような関係があるのかをまとめました。

ひどい生理痛と子宮筋腫の関係

生理痛が起こる原因は冷えや自律神経の乱れ、子宮の病気などさまざま。特に子宮の病気が原因となった生理痛は起き上がれなくなることもあり、生活に大きく影響します。ここではひどい生理痛の原因について調べ、それをもとに子宮筋腫とどう関係しているかをまとめています。生理痛を重くさせないためにも、原因を把握し改善していくことが大切です。

月経困難症の症状や、付き合い方などを紹介しています。