子宮筋腫まるわかり トップ » 子宮筋腫の補完・代替医療として注目の成分 » 酵素

酵素

女性にうれしいさまざまな効果をもたらしてくれる酵素の働きや、子宮筋腫への作用について解説しています。

酵素がもたらす子宮筋腫への作用とは

消化や吸収、代謝、排泄などの働きを担い、ダイエット目的で使用されることが多い酵素。この酵素には、女性ホルモンに働きかけて、乱れたホルモンバランスを整えようとする働きもあります。

30歳を過ぎると、女性ホルモンのエストロゲンは徐々に減少していきます。このホルモンバランスの乱れが更年期障害の原因となるのです。

エストロゲンの生成には、良質なビタミンやミネラル、そして酵素が必要だといわれています。酵素によってエストロゲンの生成が促され、更年期症状の諸症状が緩和されていくのではないかと考えられているからです。

また、冷え性の人にもうれしい効果があり、酵素を摂り入れることで代謝酵素が増え、代謝が上がって冷えにくくなるという仕組みを持っているのも特徴でしょう。

冷え性の人は、月経痛に悩まされている人が多いといわれています。なぜなら、体が冷えると血流が滞って、血液中の酸素や栄養が全身に行きわたらなくなるからです。

その結果、子宮や卵巣など、内臓の働きが低下し、ホルモンが過剰に分泌されたり、老廃物がたまってしまい、生理痛を引き起こすと考えられています。

酵素によって冷えを改善し、月経痛を緩和するということは、冷え性の人だけでなく、子宮筋腫からくる月経痛の軽減にも役立つのではないでしょうか。

※自己判断はせず、専門医を受診したうえで、治療の補完として摂るようにしてください。摂りすぎには注意してください。

酵素を摂取した人の口コミ・評判

  • 「いままでは体の芯から冷える感じがあったのですが、何日か飲み続けてみたら、冷えが軽くなりました」
  • 「更年期障害を緩和するために飲み始めましたが、婦人科に通わずに生活できています」
  • 「酵素を摂りはじめてから疲れにくくなりました。風邪もひきにくくなった気がします」