子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 子宮筋腫への効果が期待される成分 » 高麗人参

高麗人参

このページでは、高麗人参と子宮筋腫の関係や、摂取した人の口コミを掲載しています。

子宮筋腫の症状に期待できる高麗人参の作用

高麗人参は、日本において漢方薬のひとつとして知られ、さまざまな働きがあります。

おもな成分は、プロトパナキシジオール系サポニン、プロトパナキシトリオール系サポニン、オレアノリック酸系サポニンなどのサポニン群。このサポニンには、殺菌・抗菌作用、抗炎症作用があります。

また、サポニンは、疲労を取り除いたり、免疫力をアップしたり、血行を促進するなどのサポートをしてくれます。

さらに、血圧を高める作用や、自律神経の乱れを整える作用もあります。脂肪を分解して消化吸収を促進し、細胞内の酵素を活性化させる働きがあります。

サポニン以外にも、たんぱく質、アミノ酸、ペプチド、核酸、アルカロイドなどを含んでいますが、とくに注目したいのがアルカロイドです。

アルカロイドには、免疫細胞の機能を高める働きがあります。それが、病原菌への抵抗力を強めたり、自然治癒力を高めることにつながります。

子宮筋腫に対しては、高麗人参の血行促進効果による冷え性の改善や、増血作用効果による貧血予防などの作用が見込めます。

※自己判断はせず、専門医を受診したうえで、治療の補完として摂るようにしてください。摂りすぎには注意してください。

高麗人参サプリを摂取するときのポイントや注意点

用法用量を守る

高麗人参のサプリメントは、薬ではなく食品に分類されるため、必ずこの量を摂取しなければならないという決まりないようです。

ただし、中国では漢方薬として活用されているものでもありますので、摂りすぎによって体に異変が起こる可能性がないとは言いきれません。

高麗人参そのものを摂取する場合は、1日あたり10g程度が適量だといわれていますが、サプリメントに加工されているものは、製品によって高麗人参の含まれている量が異なります。

過剰摂取をすることで不眠症や息切れ、動悸、頭痛などの副作用が発生することもあり、他のサプリメントと併用することで副作用が起こってしまう可能性もあり、長期間の服用を続けると、まれに体毛が増えたり、ニキビなどの吹き出物ができる場合があるようです。

また、用量を守って服用していた場合にも体内の毒素が排出される際、一時的に体に不調を感じる「好転反応」が起こることがありますが、時期は長くても2週間前後だといわれています。

2週間以上も体の不調が続くなどの症状が表れた際には、一旦服用を中止して、医師に相談されることをおすすめします。

サプリメントを飲むベストなタイミング

高麗人参のサプリメントを飲むにあたってベストのタイミングは、食前などの空腹時に摂取することが望ましいとされています。

もし、食前に飲み忘れて、食後に飲んでも問題ありませんが吸収率が下がってしまう可能性があります。

摂取する際には、成分の吸収を妨げないように水で摂取し、水は多めに飲むことで体内への吸収率が高まるといわれていますので、ぜひ取り入れてみてください。

妊娠中の方や通院中の方は医師に相談

高麗人参サプリメントは、妊娠中の人でも服用できるものではありますが、妊娠しているとこれまでは起こらなかったような体の不調を感じることが増えます。

栄養のある高麗人参のサプリメントですが、体に合わない場合もあります。

高麗人参は、これまで血流をよくする働きがあることから、高血圧の人は摂取を控えたほうがよいといわれていました。

しかし、最近では、高麗人参が高血圧の改善効果があるという考え方も出てきているようで、どちらがよいかという点については、個人での判断は難しいです。

また、肝機能の向上を目的としたサプリメントを摂取している人は、高麗人参のサプリメントとの併用によって効果に変化が出ることがあるようです。

常備薬や他のサプリメントを服用している場合には、必ず医師に相談した上で、用法用量を守って服用するようにしてください。

高麗人参を含むおすすめサプリを紹介しています>>

高麗人参を摂取した人の口コミ・評判

  • 「寝つきや寝起きが良くなってきました。立ちくらみや貧血などの症状がほとんどなくなりました」
  • 「血の巡りが良くなり、体調が安定しているようです。体も、とても疲れにくくなりました」
  • 「冷えに効いています。寒い日の夜も楽になりましたし、一日中、体がぽかぽかしている感じです」