子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 子宮筋腫への効果が期待される成分 » クロレラ

クロレラ

自然治癒力をアップさせ、子宮筋腫の諸症状を改善する作用があるといわれているクロレラ。その効能と子宮筋腫への働きかけについて紹介しています。

クロレラの効能と子宮筋腫への働きかけ

5億4,000万年前に誕生し、その姿や形を変えることなく、現在まで生き続けているクロレラは、淡水にすむ緑藻類の一種です。

直径1,000分の3~8mmという小さな体でありながら、ほかの植物の数十倍以上の光合成能力と大豆をしのぐタンパク質含有量、20時間後に4分裂を繰り返し増える生命力を持っています。

このクロレラには、酸性に傾きがちな体を弱アルカリ性に保ち、弱った体の各細胞を活性化させて、免疫力や抵抗力を上げることで、自然治癒力をアップさせます。

また、クロレラには発ガン物質を吸着するという葉緑素(クロロフィル)が含まれています。この成分が、良性の腫瘍である子宮筋腫にも、良い効果をもたらすのではないかと考えられています。

さらに、抗酸化作用にも優れ、有害な活性酸素を除去する作用もあるようです。

そのほか、クロレラの成分は細胞で吸収されることで効果を発揮するのですが、クロレラに含まれているC.G.Fの力によって、その成分をしっかり取り込むことができます。

C.G.Fはアミノ酸や核酸の複合体で、生物の成長促進作用、細胞賦活作用、増血促進作用、免疫力賦活(ふかつ)作用などがあります。

この増血作用や免疫力賦活作用といった自然治癒力の向上効果によって、子宮筋腫がもたらすさまざまな症状の改善が期待できます。

※自己判断はせず、専門医を受診したうえで、治療の補完として摂るようにしてください。摂りすぎには注意してください。

【参照】日本栄養食糧学会誌 Vol. 48 (1995) No. 6 P 485-489 「高血圧患者に及ぼすクロレラの影響」

【参照】 ヤクルト研究所研究報告集 第26号, 63-72, 2006 「従属培養したクロレラ・レギュラリスの生活習慣病に対する予防効果」

【参照】 日本食品科学工学会誌 Vol. 49 (2002) No. 6 P 395-400 「軽症高脂血症患者に及ぼすクロレラ錠剤摂取の影響」

クロレラサプリの摂取方法・注意点4つを紹介!

1. 副作用は「下痢・疝痛・ガス・吐き気」など

クロレラの副作用として報告されているものに下痢、疝痛、ガス、吐き気、湿疹、ニキビなどがあります。そして、「光線過敏症」になる可能性もあります。

クロレラはクロロフィルが含まれており、分解される際にフェオファルバイトが生成されます。これが光線過敏症の原因とされています。

光線過敏症は日航アレルギーとも呼ばれていて、人体免疫システムの過剰反応が起こり、日光が当たることで皮膚が赤くなったり、湿疹・水膨れ・かゆみなどの症状が出たりします。

胃腸が弱い方は、嘔吐や下痢を防ぐために空腹時の摂取を避ける必要があります。

痛風の方はプリン体の摂取が制限されます。

痛風は血液中に尿酸が増えすぎて結晶化することで起きる病気で、尿酸の元になるのがプリン体です。クロレラにはプリン体が多く含まれているので、摂取制限する必要があります。

クロレラにはビタミンKが含まれており、血液凝固剤であるワーファリンは血液の凝固を防ぐのに対し、ビタミンKは血液を凝固させる効果があり、ワーファリンの効果を鈍くします。

そしてクロレラには鉄分が豊富に含まれているため、鉄を肝臓に蓄積しすぎるC型肝炎患者の方は注意しなければなりません。

タンパク質アレルギーの方は高タンパクなクロレラを摂取する場合に注意が必要です。症状としては湿疹やかゆみ、喘息やアナフィラキシーなどが報告されています。

いきなり最大摂取量を服用するのではなく、最初は少量から摂取していき、アレルギーなどの症状が現れないかどうかの確認をしてください。心配な人は事前に病院でアレルギーテストを受けてみるのもよいでしょう。

妊娠中や授乳中の方は、クロレラを摂取した際の安全性が十分に研究されていないため、使用を避けるか、医師に相談してください。

2. 複数回に分けて飲むのがオススメ

クロレラは薬ではないので、いつ飲んでもかまわないものです。しかし、胃には負担がかかるため、食後に摂取することを薦めているサプリメントメーカーもあります。

胃への負担を考慮するならば、複数回に分けて飲むのがよいでしょう。クロレラは細胞壁が厚く、なかなか吸収されにくいので、吸収率の面を考えると小分けにして飲んだ方が効果的です。

市販されているクロレラ商品の多くは吸収がよくなるように細胞壁を破壊しているものがほとんどですが、気になる方は「細胞壁破砕」と明記されていることを確認して購入するようにしてください。

3. 過剰摂取は厳禁!

「クロレラは体に良いからたくさん摂取すればよい」という勘違いをされる方はきっと少なくないはずでしょう。

クロレラサプリにはビタミン類、ミネラル類が豊富に含まれています。確かに、これらは体を健康に保つために必要不可欠な栄養です。しかし、摂り過ぎが原因で肝臓に負担がかかる場合があります。

亜鉛や鉄は適量ならば体に良いのですが、摂取しすぎると肝臓が処理しきれなくなって、肝臓内に蓄積されてしまうのです。

肝機能が弱っている人は、特に注意が必要です。

4. 摂取量の目安は1日「1〜3グラム」

クロレラの1日の摂取量の目安は1~3グラムと言われています。

クロレラサプリの商品は製造したメーカーによって摂取量の目安が提示されているので、過剰に摂取しないように、決められた最大摂取量以内で摂取する必要があります。

クロレラを含むおすすめサプリを紹介しています>>

【参照】 Lourand Magazine「直径3〜8ミクロンのスーパーフード?!「クロレラ」って何?」

【参照】 minari.「クロレラの効果的な摂取方法まとめ|種類の違いやおすすめサプリまで詳しく解説」

【参照】 サプリメントによる微量元素過剰摂取の可能性について―サプリメントの使用実態・意識調査―

【参照】 (独)国立健康・栄養研究所情報センター「健康食品の実態と安全性・有効性」

【参照】公益社団法人日本薬剤師会「健康食品の安全性に関する情報収集・発信及び表示について」

【参照】慶應義塾大学病院「納豆・クロレラ食品」

【参照】 minari.「肝臓に負担をかけるって本当?クロレラの副作用・飲み方の注意点まとめ」

クロレラを摂取した人の口コミ・評判

  • 「お腹がポコッと出ているのがわかるほど、大きくなっていた子宮筋腫。しかし、クロレラを飲み始めて3年目の検査で、子宮も卵巣も異常なしという結果が出ました」
  • 「1人目の子供を出産後、4cmほどの筋腫が見つかりましたが、クロレラを飲み続けたところ、筋腫も若干小さくなり、無事に2人目の子供を授かることができました」
  • 「貧血でいつも青白い顔をしていましたが、クロレラを飲み始めてから、血色が良くなりました。粉を吹いていたような肌もしっとりです」
  • 「PMSがひどくてクロレラを飲み始めたところ、かなり症状が改善されました。おまけに、喘息や花粉症などのアレルギー症状もすっかり良くなりました」