子宮筋腫まるわかり トップ » まずは子宮筋腫について正しく知ろう » さまざまな自覚症状

さまざまな自覚症状

出血量が多くなるなど、子宮筋腫が引き起こすさまざまな自覚症状について解説しています。

子宮筋腫の自覚症状とは

女性の4人に1人が持っているともいわれる子宮筋腫。しかし、自覚症状が少ない病気でもあり、子宮筋腫があっても、そのうちの60〜70%の人には、症状がないこともあるのだとか。

それでも、自分の体を注意してみていると、子宮筋腫によって起こる自覚症状に気づくこともありますので、よくある自覚症状を覚えておきましょう。

  • 月経の出血量が多い

子宮筋腫の自覚症状の中で、もっとも多いのが月経過多。筋腫によって子宮の内腔が広がり、内膜の面積が広くなることで、生理のときの出血量が多くなります。出血量が増えると、貧血にもなりやすくなるので注意しましょう。

  • 生理期間が長い

筋腫があることで子宮の収縮が邪魔されて、止血力が弱くなり、生理がだらだらと続くことがあります。生理の出血量が多くなる場合と同様、貧血になりやすくなります。

  • おりものの異常

水っぽいおりものが増えたり、色が黄色くなったり、おりものに血液が混ざるなど、おりものがいつもと違うと感じたら、注意が必要です。

  • 月経困難症(下腹部痛、腰痛など)

下腹部痛腰痛をはじめ、発熱、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、下痢など、生理の時に起こる諸症状を統合したもので、日常生活に支障をきたすほどのものを月経困難症といいます。便秘女性の画像
とくに、下腹部痛や腰痛は、生理の期間だけ痛むケースと、生理期間以外に痛むケースがあります。痛みの種類も、差し込むような痛みや、引きつるような痛み、鈍痛など、人によって異なります。

  • 頻尿

子宮筋腫が大きくなると、膀胱を圧迫して頻尿になることがあります。筋腫が小さくても、発生する場所によっては、起こり得る症状です。これは稀なケースですが、子宮筋腫が原因で尿管が圧迫され、腎臓が腫れ上がる「水腎症」になってしまう可能性があります。

  • 便秘

子宮筋腫は尿管だけではなく、腸も圧迫する場合があり、便秘の原因になってしまうことがあります。

  • しこり

正常な子宮の場合、お腹の上からは触れませんが、筋腫が大きくなると、自分で触ってしこりを感じることがあります。自分で触れるようになると、筋腫は握りこぶし以上の大きさになっていると考えられます。

こうした自覚症状が現れないことも多いので、定期的に検査を受けて、早めに発見することが重要です。