子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 子宮筋腫とは?子宮筋腫の基礎知識 » 子宮筋腫の初期症状を解説

子宮筋腫の初期症状を解説

出血量が多くなるなど、子宮筋腫が引き起こすさまざまな自覚症状について解説しています。

子宮筋腫の自覚症状とは

痛みを抑える女性

女性の4人に1人が持っているともいわれる子宮筋腫。しかし、自覚症状が少ない病気でもあり、子宮筋腫があっても、そのうちの60〜70%の人には、症状がないこともあるのだとか。

特に未婚の女性に多いことで知られています。

転移するような疾患ではないため、自覚症状がない場合は経過観察で問題ありませんが、強い自覚症状があったり、筋腫が大きい場合には治療が必要です。

目立った自覚症状がないという場合であっても、自分の体を注意してみていると、子宮筋腫によって起こる自覚症状に気づくこともあります。

以下によくある自覚症状をご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 月経の出血量が多い

子宮筋腫の自覚症状の中で、もっとも多いのが月経過多。筋腫によって子宮の内腔が広がり、内膜の面積が広くなることで、生理のときの出血量が多くなります。出血量が増えると、貧血にもなりやすくなるので注意しましょう。

特に月経血の塊が2日以上見られるなどの症状がある、月経の期間が10日以上続く、貧血がひどいといった場合には医師の診察を受ける必要があります。

子宮筋腫による貧血症状には、鉄剤を内服して治療することが多いです。

  • 生理期間が長い

筋腫があることで子宮の収縮が邪魔されて、止血力が弱くなり、生理がだらだらと続くことがあります。生理の出血量が多くなる場合と同様、貧血になりやすくなります。

  • おりものの異常

粘膜下筋腫という、子宮の内側に筋腫ができた場合、その周りを覆っている子宮内膜にただれができてしまうことがあります。

その場合、そこから出る分泌物がサラサラした水っぽいおりものとなって体外に出てきます

水っぽいおりものは子宮筋腫以外にも婦人科系疾患の症状として表れることもあるので、素早く医師の診察を受けることをおすすめします。

また、おりものの色にも注意です。子宮筋腫では色が黄色くなったり、血液が混ざるといったこともあるようです

  • 月経困難症(下腹部痛、腰痛など)

下腹部痛腰痛をはじめ、発熱、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、下痢など、生理の時に起こる諸症状を統合したもので、日常生活に支障をきたすほどのものを月経困難症といいます。便秘女性の画像
下腹部痛や腰痛は、生理の期間だけ痛むケースと、生理期間以外に痛むケースがあります。痛みの種類も、差し込むような痛みや、引きつるような痛み、鈍痛など、人によって異なります。

特にだんだんと痛みが強くなってきた、前は生理期間のみだったのに痛みを感じる時期が長くなってきた、という場合には要注意です。

早目に病院を受診することが好ましいでしょう。

  • 頻尿

子宮筋腫が大きくなると、膀胱を圧迫して頻尿になることがあります。筋腫が小さくても、発生する場所によっては、起こり得る症状です。膀胱に尿を溜めておける容量が小さくなると、頻尿のほかにも、膀胱が圧迫されることによる尿失禁、尿閉になることもあります。

また、

これは稀なケースですが、子宮筋腫が原因で尿管が圧迫され、腎臓が腫れ上がる「水腎症」になってしまう可能性があります。

 

  • 便秘

子宮筋腫は尿管だけではなく、腸も圧迫する場合があり、便秘の原因になってしまうことがあります。

  • しこり

正常な子宮の場合、お腹の上からは触れませんが、筋腫が大きくなると、自分で触ってしこりを感じることがあります。仰向けになるとより確認しやすいようです。自分で触れるようになると、筋腫は握りこぶし以上の大きさになっていると考えられます。

こうした自覚症状が現れないことも多いので、定期的に検査を受けて、早めに発見することが重要です。

参照:http://www.kao.co.jp/laurier/health/033/

性交痛

性交時に子宮が動かされることによって、痛みを感じます。

何らかの疾患により性交時の痛みが出るケースはほかにもありますが、子宮筋腫の場合はそのまま放置していると痛みがどんどん強くなることが特徴です

便秘

子宮筋腫が直腸を圧迫することで、便秘になる恐れがあり、慢性的な便秘により体重が増えてしまうこともあります。

もともと便秘の人は、子宮筋腫によるものかを判断できない可能性が高いですが、あまりにひどい便秘の場合や複数の症状が当てはまる場合には、子宮筋腫を疑い医師の診察を受けましょう。

不妊、流産

粘膜下筋腫や筋層内筋腫の場合、子宮の内膜がでこぼこに変形してしまうことがあります。

その状態で受精をしても、子宮内膜にうまく着床することができないため、妊娠しにくくなってしまいます。

また着床した場合も流産しやすくなるといわれていますので、妊活を予定している人は、小さくても疑わしい自覚症状があればすぐに医師の診断受けましょう

子宮筋腫ができた場所や大きさによって症状が異なる

いろいろな自覚症状を挙げましたが、子宮筋腫の自覚症状は、粘膜下筋腫や筋層内筋腫など、できた場所によっても自覚症状が異なったり、大きさに自覚症状が顕著だったり、わかりにくかったりするので、必ずしもこれらの症状が顕著に表れるとは限りません

あまり大きくない子宮筋腫でも、婦人科のエコーやMRIなどで比較的発見しやすいので、お腹周りの状態がこれまでと違うと感じたら、できるだけ早く医師の診察を受けるようにしてください