子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 子宮筋腫とは?子宮筋腫の基礎知識 » 子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因

子宮筋腫ができる原因は、諸説あります。ここでは、ストレスなど現在考えられているいくつかの原因について解説しています。

考えられる子宮筋腫の原因は?

子宮筋腫は腫瘍のひとつであり、良性の腫瘍の代表ともいわれます。

自分の体の中にあるにもかかわらず、体でコントロールすることができずに増殖していく細胞の集団が腫瘍。良性の腫瘍が筋腫、悪性の腫瘍がガンになります。

じつは、子宮筋腫ができる原因は、まだはっきりと解明されていません

女性画像01しかし、月経前の女性には子宮筋腫がなく、閉経間際の年齢になると筋腫が小さくなっていくことから、女性ホルモンのエストロゲンが大きくかかわっていると考えられています。

多くの女性が、筋腫の芽をもっていると考えられていますが、悪性の腫瘍ではないため、際限なく大きくなることもありません。

また、卵巣などのホルモンによく反応するものが大きくなりやすいため、筋腫があっても問題なく過ごしている人もいます。

そんななか、いくつか考えられている子宮筋腫の原因をピックアップしてみたいと思います。

子宮筋腫と女性ホルモンの関係

子宮筋腫ができる原因としては、卵巣のホルモンであるエストロゲンが深くかかわっているのではないかといわれています。ホルモンは子宮の筋肉をつくるうえで欠かせませんが、その中には子宮筋腫をつくるものもあります。またホルモンによって、子宮筋腫が1つだけできることは少なく、複数できる場合が多いです。

しかし、エストロゲンは子宮筋腫との関係性が低いという情報があり、動物実験でエストロゲンが子宮筋腫の原因とはいえないことがわかったのです。それでも、子宮筋腫は卵巣からのホルモンが原因だといわれており、筋腫が性成熟期を中心に発育すること、筋腫が閉経や両卵巣摘出後に小さくなることなどから、その関係性が大きいと考えられています。

妊娠中にも筋腫が大きくなることがあり、妊娠中は卵巣のホルモンが増加する時期で、筋腫が大きくなることがあるのです。妊娠中に子宮の筋肉が発達し、筋肉細胞と違う細胞がその時にできて、それから筋腫ができるといわれています。

生まれもった素因によるもの

筋腫の壁は「平滑筋」という筋肉でできています。この筋肉が作られるとき、つまり、胎児のときに、何らかの原因で、子宮の筋肉細胞と少し異なる筋肉細胞が作られて、子宮の内部に潜んでいるのではないかと考えらます。

その筋肉細胞が、思春期以降、卵巣から排出されるホルモンによって育ち、時間をかけて少しずつ大きくなって筋腫になっていくのではないかという説があります。

一度、筋腫を摘出しても、また別の筋腫が発生することもしばしば起こるため、このような説が考えられています。

月経が原因

子宮は、毎月月経がくるたびに赤ちゃんを育てられるよう備えています。ですが、妊娠をしないと、細胞増殖のために働いていた子宮の組織は、作業を途中で中止しなければなりません。

細胞が増加していく流れが途中でストップしてしまい、これが繰り返されていくうちに、細胞に異常が起こることが考えられます。

つまり、毎月の月経が子宮筋腫の芽を作る原因になるという説があるのです。

ストレスが原因となることも

女性ホルモンのエストロゲンの関わりが大きいと考えられていることから、子宮筋腫は生活リズムを崩すことや、ストレス、ホルモンバランスの乱れも原因の一つであると言われています。

参照:株式会社メディックメディア「病気がみえる vol.9 婦人科・乳腺外科 第3版」https://www.medicmedia.com/cgi-bin/webshop/shop/shop.cgi?id=1860