子宮筋腫まるわかり トップ » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A » 腰痛と関係があるの?

腰痛と関係があるの?

ここでは子宮筋腫と腰痛の関係について説明します。また腰痛とともに発症する、子宮筋腫の可能性がある症状も紹介します。

子宮筋腫と腰痛

子宮筋腫は、筋腫のできる位置で症状が異なります。

中でも、腰痛と関係すると思われるのは、「漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)」です。これは筋腫が、子宮の外側にせり出て大きくなり、それが他の臓器や腰椎を圧迫するため、頻尿や下腹部痛、腰痛を引き起こします。

また、根だけが子宮に繋がり、筋腫自体が子宮の外に飛び出す、「有茎漿膜下筋腫」もあります。これらは月経自体には、あまり影響を及ぼさないため、婦人科を受診するタイミングが遅れ、筋腫が巨大化する傾向が多いです。結果、漿膜下筋腫と同じように臓器や腰椎を圧迫してしまいます。

また、一番発生しやすい「筋層内筋腫」や、症状が重くなりがちな「粘膜内筋腫」でも、腰痛が起きることもあります。この場合は、月経時に腰痛を感じることが多いようです。

いずれの場合も、筋腫はあくまでも良性の腫瘍なので、自覚症状が顕著でなければ、特に治療しなくても問題はありません。ただ、症状が日常生活に悪影響を及ぼすようであれば、治療を開始した方がよいでしょう。

筋腫による血行不良でおこる腰痛も

発生箇所に関わらず、筋腫があることで血行不良を引き起こし、それが腰痛の原因となる場合も。まずは月経の異常を感じた時点で、婦人科を受診するようにしましょう。

腰痛と合わせて、こんな症状があったら子宮筋腫に注意

長引く、原因不明の腰痛。整形外科などでレントゲン撮影しても、特に背骨やその周りの神経に異常が見られない場合は、子宮筋腫が関係しているのかもしれません。

腰痛以外に、こんな症状があったら、子宮筋腫に注意です。

  • 不正出血がある
  • 月経時の出血量がきわめて多い
  • 貧血症状がある
  • 下腹部に、手で触って分かるようなしこりやハリがある
  • 月経時に特に腰痛がひどくなる
  • 頻尿、排尿時の痛み

腰痛の他、月経や尿のトラブルが気になる時は、一度婦人科で相談した方がよいでしょう。