子宮筋腫まるわかり トップ » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A » PMSと子宮筋腫の関係

PMSと子宮筋腫の関係

生理に関しては、生理時に起こるPMS(月経前症候群)という症状が出ることがあります。生理が始まると同時に終わる症状で、様々な痛みを伴います。そんなPMSは、子宮筋腫と関係があるのではないかといわれています。

そもそもPMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)とは、生理の1~2週間前から現れる症状で、生理が始まるとその症状が終わります。腹痛などの痛みが発症し、イライラするなどの精神的な症状も現れます。PMSが一番あらわれるのは下腹部痛で、生理前でも生理中でも症状があらわれます。しかし、下腹部痛がずっと続くようだと、それはPMSではなく子宮筋腫によるものではないかと疑われます。

子宮筋腫だと、生理前関係なしに慢性的に痛みが出るのです。それに不正出血などを伴うと、実際に受診したらPMSではなく子宮筋腫だったということもあります。また、イライラすることも、PMSと子宮筋腫の両方に共通しています。下腹部痛によるイライラで、PMSでも子宮筋腫でも、精神的に不安が出てきます。生理前に下腹部痛が出たら、それは子宮筋腫の可能性があるので、一度病院で診断してもらいましょう。

PMSが起こる理由としては、生理前に中枢神経の働きが低下して、痛みが抑えられなくなったことが挙げられます。子宮の動きは普段中枢神経が受け取らないようにしていますが、神経の働きが低下すると痛みを感じます。ホルモンの変化に体が対応できないことも、PMSが起こる理由だといわれています。急激なホルモンの変化に、体が耐えられなくなるのです。

PMS(月経前症候群)の主な症状

PMSの主な症状には、下腹部痛・頭痛・乳房痛・腰痛・めまい・むくみ・便秘・下痢などが起こり、痛みをはじめとする体の不調を感じるようになります。これらに加えて、精神的な症状が現れることもPMSの特徴です。イライラ・憂鬱・判断力の低下・疲れやすいなどの症状を引き起こし、場合によっては周囲の人々に迷惑をかけることも考えられます。

PMSの症状が出るのは、中枢神経の働きの低下、ホルモンの変化、子宮の不調などが原因だと考えられ、これらの原因を改善すれば、PMSの症状がなくなることに期待できます。中枢神経は子宮が引き起こす痛みを受け取ってくれるので、そこが機能していないと痛く感じるのです。

中枢神経の改善はカイロプラクティックなどを受けることで、神経が機能するようになり、PMSによる痛みも改善できます。カイロプラクティックでは子宮の動きも改善でき、子宮の位置などを元に戻せば不調も和らぎます。

もしかして子宮筋腫かも・・?

PMSは生理がきたら症状が治まるのに対して、子宮筋腫の場合は生理が来ても症状が続きます。どちらも下腹部痛やイライラなどの症状が現れますが、それらが続く期間に違いがあります。生理前でも痛みやイライラがあるようなら、それは子宮筋腫の可能性があります。症状が長く続くようなら、一度病院で見てもらい、子宮筋腫かどうかを確かめましょう。

子宮筋腫の検査は婦人科で行われます。検査の方法は、エコーを使って子宮内部やその周囲に筋腫があるかどうかを確かめます。子宮筋腫は良性ですが、10センチ以上にも大きくなることがあるので、大きくなっていくと不妊症なども引き起こします。

子宮筋腫の治療方法は手術が一般的で、筋腫のみを取り除く方法と子宮全体を取り除く方法があります。子宮があれば再発の恐れがありますが、妊娠や出産を望んでいる人なら、子宮の全摘出より筋腫だけを取り除く手術がいいでしょう。

子宮筋腫については、普段から定期検診を行い、筋腫の早期発見に取り組むことが大事です。子宮筋腫があれば、従来の生理とは違って出血量が多くなり、生理痛が普段より痛くなることがあります。PMSの症状の期間に気づくよりも、普段から子宮筋腫に気を付けていく方が、安心して過ごせるのではないでしょうか。