子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A » 手術後のケアは?

手術後のケアは?

ここでは、子宮筋腫の手術をした後に気をつけたいことについて、まとめています。

手術後の無理は禁物

無事に子宮筋腫の摘出手術が終了したからと言って、すぐに今までどおりの生活に戻るのはNG。癒着を防ぐために、適度に身体を動かすことは大切ですが、外見では分かりにくくても、体内にメスを入れて患部を取り出したことで、身体はかなりダメージを受けています。

手術によって貧血が進んでいたり、体力が低下していたりする場合は、今までと同じことをしても疲れやすい状態になります。もちろん個人差はありますが、回復状況に合わせて、無理をせず、ゆっくりと元の生活に戻していきましょう。

また、開腹手術の場合には、やはり傷口が痛むので、日常生活でも下腹部になるべく負担をかけないように心がけましょう。

子宮全摘の場合には月経は止まりますが、同時に卵巣を摘出していなければ、女性ホルモンは分泌されますので、体調にそれほど大きな変化はありません。ただ、女性として、子宮を摘出したことによる喪失感を覚える人もいるので、いずれにしても、心身ともにゆっくり休むことが大切です。

日常生活で注意すべきこと

個人差や病院による違いはありますが、だいたい退院1週間後に、最初の検診があります。ここで、まずまず体調もよく、感染症なども見られなければ、1ヶ月程度の自宅療養となる場合が多いです。

腹腔鏡手術であれば、デスクワークがメインであれば2週間程度で職場復帰する人もいます。しかし、立ち仕事や動きまわる仕事は、患部に負担がかかるので、もう少し療養が必要です。もちろん個人差がありますので、自分の体調とよく相談し、マイペースに復帰を目指しましょう。

アルコールとたばこに特に制限はありませんが、刺激物なので、やはり最低一週間は様子を見た方がよいでしょう。

食事に関しても特に制限はありませんが、インスタント類や刺激物を避け、栄養価の高いものを積極的にとるようにしましょう。どうしても手術後は貧血が進む傾向が強いので、鉄分を含む食材(ひじき・ほうれん草・レバーなど)をとるとなお良いです。

入浴と性生活は術後1ヶ月の検診で問題がなければ、 OKです。それまではシャワー浴のみとなります。

妊娠は、子宮への負担を考えて、半年ほど待ちましょう。それまでは避妊は必須になります。