子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A » 子宮筋腫は遺伝する?

子宮筋腫は遺伝する?

このページでは、子宮筋腫の遺伝の可能性についてリサーチしています。

子宮筋腫は遺伝するの?

女性イメージ写真子宮の筋肉にできる良性の腫瘍である、子宮筋腫。自覚症状なく筋腫を抱えている女性も多く、いわゆるガンのように生命に関わる病気ではありませんが、流産の可能性を高めるなどのリスクもあるため、特に若い女性は早期発見・早期治療を行うことが大切です。

病院での診療の結果、子宮筋腫が判明すると、「家族にも子宮筋腫がある人間がいるのですが、遺伝するのでしょうか?」という質問が、患者の口からよく発せられるようです。

結論から言ってしまうと、この疑問に関する明確な回答は、いまだはっきりと出ていません。「子宮筋腫は遺伝しない」と断言する医師もいれば、「子宮筋腫を持つ家族がいる場合、発生率は3~4倍に高まる」とする医師もいます。自身のクリニックで行ったアンケートの結果を元に、推論を述べる医師も少なくありません。

生活習慣病としての可能性に注目を

ここで注目したいのは、子宮筋腫は近年急激に増加しているという事実。ひと昔前は欧米人女性に多い病気で、日本人女性や医師には、馴染みのない病気だったのです。

こうした状況の背景に、食生活の変化があります。日本人はもともと、魚や菜食を中心とした薄味の食文化を育んできた民族です。ところが戦後、欧米の高カロリーな肉食文化が急激に浸透した結果、さまざまな生活習慣病が、日本人の間で頻発するようになりました。子宮筋腫も、そのひとつなのです。

ですからもし、「母親が子宮筋腫で…」という女性の場合は、遺伝の可能性より、長年家族と共有してきた食生活に注目する方が賢明です。

もし高カロリーな肉食中心の食生活を送ってきた場合は、見直しが必要。魚や野菜を多く摂る、添加物を極力避ける、ヒジキやシジミ、ホウレンソウから鉄分を摂るなどの改善策を積極的に進めていきましょう。

もし家族と同居を続けている場合は、その試みが全員の健康維持にも役立つはずですよ!