子宮筋腫まるわかり トップ » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A » 子宮筋腫と間違えやすい病気は?

子宮筋腫と間違えやすい病気は?

子宮内膜症や子宮ガンなど、自覚症状が似ているため、子宮筋腫と間違えやすい病気があります。そうした病気の症状や注意点について解説しています。

子宮筋腫と間違えやすい、子宮内膜症や子宮ガンとは

子宮筋腫と間違えやすい病気に、「子宮腺筋症」「子宮内膜症」「子宮ガン」「子宮肉腫」などがあります。

ここでは、それぞれの病気の症状や子宮筋腫との違いなどを紹介します。

子宮腺筋症

子宮の内膜にあるべき組織が、子宮筋層内にできてしまう病気。30代後半の女性に多くみられますが、20代でも発症します。

子宮内膜症とおなじような性質をもつため、以前は、子宮内膜症のひとつと考えられていましたが、発生の仕組みが異なるため、現在では別の病気として扱われています。

激しい月経痛、腰痛、下腹部痛のほか、月経量が多くなることから、貧血を起こしやすくなります。子宮筋腫と合併して起こることが多く、治療しても再発しやすい病気でもあります。

子宮筋腫と似ていますが、子宮筋腫は「良性の腫瘍」で、子宮腺筋症は、「子宮内膜症によって起こる疾患」なので、状態が違います。

治療法には、患部を摘出する「手術療法」と、ホルモン療法や、その他薬による「薬物療法」があります。

子宮内膜症

腹膜や卵巣、直腸と子宮の間のダグラス窩など、子宮以外の場所に、子宮内膜の組織ができてしまう病気。子宮内膜症は、女性の10人に1人はあるといわれ、青年期(10代後半~30代前半)にも見られます。

主な症状は、下腹部痛、腰痛、性交痛、激しい月経痛、吐き気、肛門の奥や排便時、嘔吐など。

「腹膜病変」は子宮の後ろ側にある腹膜に発生し、「チョコレートのう胞」は、古い血がたまってのう胞状に成長したものが卵巣に発生します。「チョコレートのう胞」は、周りの組織と癒着しやすく、また癒着が強いほど月経痛が激しくなります。

子宮内膜症は、不妊の原因ともなる病気です。月経がある間は進行してしまうので、早期発見と、それ以上進行しないよう、治療を進めていくことが大切です。

治療法には、手術療法と薬物療法、もしくは、その療法を併せて治療する方法があります。

子宮ガン

子宮ガンには、ふたつの種類があります。子宮の奥の子宮体にできるものを「子宮体ガン」、子宮の入り口の子宮頸部にできるものを「子宮頸ガン」といいます。

子宮体ガンの原因は、女性ホルモンの乱れによるものが多いです。不正出血、織物の異常、下腹部痛などの自覚症状があります。

対して子宮頸ガンは、性交によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)が原因になることが多く、おりものの増加、不正出血などが見られることがありますが、初期の場合にはほとんど自覚症状はありません。

子宮筋腫と見分けるためには、組織診・細胞診・視診など、検査を受けるのがベスト。

また治療法も、発見したときの状態で変わるので、定期的な検診を心がけましょう。

子宮肉腫

子宮体部(子宮の上3分の2を占める部位)にできる悪性の腫瘍で、子宮の内膜の上皮部分から発生する子宮体がんに対して、子宮肉腫は子宮の筋肉組織や支持組織から発生します。

子宮体部のがんのうち、発生率はわずか数%ではありますが、予後は不良です。

不正出血、おりもの増加、下腹部の違和感、しこり、腹痛などの症状がみられますが、子宮筋腫との判別がつきにくく、筋腫として切除した後、病理検査の結果、子宮肉腫と判明することも。

治療法は、発見時の状態により異なりますが、婦人科での肉腫は例が少ないため、専門医とよく相談することが大切です。

子宮筋腫と似た病気の中には、命に関わるものもありますので、気になる症状がみられる場合には、自己判断せずに、受診することをおすすめします。