子宮筋腫の原因や初期症状を解説 » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A » 子宮筋腫に良くないサプリ成分ってある?

子宮筋腫に良くないサプリ成分ってある?

イソフラボン、プエラリア、マカなど、子宮筋腫の人が飲んではいけないサプリの成分があります。それら成分と、摂取してはいけない理由について解説しています。

子宮筋腫にイソフラボン、プエラリア、マカは×

サプリに含まれる成分は子宮筋腫の諸症状に対し、有効に働いてくれることがある一方、子宮筋腫の人が飲んではいけない成分もあります。

一般的に、子宮筋腫のある人は、ホルモンに作用するような成分を摂取するのがNGといわれています。その一例を紹介します。

  • イソフラボン大豆画像

女性ホルモンと同じような働きをするといわれているイソフラボンは、ホルモンバランスに影響を及ぼす恐れがあるため、摂取しないほうがいいといわれています。

大豆を主成分としたサプリメントにも、イソフラボンが含まれているので避けたほうがいいでしょう。

  • プエラリア

プエラリアには、大豆の約40倍のエストロゲンやイソフラボンが含まれているといわれているので、避けたほうが無難です。

  • ローズヒップ

子宮の働きを活発にして、筋腫を大きくする可能性があるといわれているエストロゲンが入っています。

  • ザクロエキス

ローズヒップ同様、エストロゲンが含まれているので、避けましょう。

  • マカ

女性ホルモンの分泌を促すといわれています。子宮筋腫のある人がマカを摂取すると、子宮筋腫が大きくなってしまう可能性があります。

  • 食物エストロゲン

植物に含まれている女性ホルモンに似た物質。大豆をはじめ、キャベツやブロッコリー、アルファルファなどにも含まれています。

  • 亜麻オイル

亜麻の種子に含まれるリグナンは、エストロゲンと似た働きをするので、子宮筋腫の人は避けたほうがいい成分です。

子宮筋腫にも安心な成分を厳選紹介しています>>