子宮筋腫まるわかり トップ » 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A

絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A

ここでは、子宮筋腫の注意点や疑問点について解説しています。

チェックすべき子宮筋腫の注意点

子宮筋腫に効果のある成分がある一方、摂ってはいけない成分というものもあります。

例えば、女性ホルモンと同じような働きをするといわれているイソフラボンや、エストロゲンが含まれているプエラリアザクロエキスなども注意が必要です。

そのほか、女性ホルモンの分泌を促すマカ、エストロゲンと似た働きをする亜麻オイルなども摂取を避けたほうがいいでしょう。

子宮筋腫があると、妊娠しづらくなるのではないかと思っている人もいるようですが、必ずしもそうとは限りません。

しかし、子宮筋腫の人の不妊率は20~30%と、その数値は子宮筋腫のない人と比べて、若干高めです。子宮筋腫があることで、受精卵が着床しにくくなったり、流産しやすくなるケースもあります。

筋腫があっても、妊娠・出産は可能です。ただし、注意しなければならない点がいくつかあります。筋腫がある人は流産や早産のリスクが高まるので、無理をしないように心がけましょう。

子宮筋腫と似た自覚症状のため、間違えやすい病気もあります。

子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮ガン、子宮肉腫などがそうです。中には重い病気もあるので、気になる症状があれば、早めに専門医を受診するようにしましょう。

一般的に、閉経後は子宮筋腫が小さくなります。では、更年期以降は放置しておいてもいいのかというとそうではありません。閉経後であっても、例外的に筋腫が成長することがあり、子宮肉腫などの病気につながる恐れも。

更年期以降も、半年に一度は定期検診を行い、体調をチェックしておきましょう。