子宮筋腫まるわかりサイト

原因から対策まで 子宮筋腫まるわかりサイト

子宮筋腫でお悩みの方、もしかしたら・・・と気になる方も今すぐチェック!

  • まずは子宮筋腫について正しく知ろう
  • よくわかる子宮筋腫の治療と対策
  • 子宮筋腫の補完・代替医療として注目の成分
  • 絶対に知っておきたい子宮筋腫Q&A
子宮筋腫に悩む方が積極的に摂りたい成分を比較しました

子宮筋腫ってどんな病気?

40歳以上なら、4人に1人は持っているという子宮筋腫。子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできた良性の腫瘍のこと。婦人科の腫瘍の中ではもっとも多い病気として知られています。

このサイトでは、子宮筋腫の種類や原因、治療法についてまとめています。専門医のもとでの治療に加え、子宮筋腫の諸症状の改善に良い作用をもたらす成分なども紹介していますので、気になる方はぜひのぞいてみてください。

その症状や原因・治療法

子宮筋腫ってどんな病気?子宮筋腫はガンのように周囲の組織を破壊したり、血液などによって他の場所に転移することはないですが、筋腫が大きくなると、月経量が多くなったり(レバー状の血の塊がたくさん出ることも……)、ひどい月経痛や腰痛に悩まされたり、月経量が多くなることで貧血を起こすこともあります。

その原因は、いまだ解明されていませんが、思春期前の女性には発症することがほとんどなく、閉経後には小さくなっていくことから、女性ホルモンが関係していると考えられています。

子宮筋腫の治療法は、症状に応じて以下が一般的です。

  • 病院で処方される薬を用い、子宮筋腫の諸症状に対処する薬物療法
  • 体質を変えていくことで症状を改善していく漢方薬
  • 女性ホルモンの働きを抑えて、人工的に閉経状態を作り出すホルモン治療
  • 大きくなった筋腫に対しては、筋腫や子宮を切除する外科手術

こうした治療とともに、子宮筋腫の症状の改善に効果があると言われている成分を取り入れる民間療法補完代替医療もあります。

子宮筋腫の諸症状にはたらきかける成分を厳選紹介しています>>

もしかして子宮筋腫?チェック

「こんな症状があるけど、もしかして子宮筋腫かも……」そう思う人は、まず、次のセルフチェックを行ってみてください。

  • 月経時、出血量が多くて、レバー状の塊が出ることもある
  • 月経中、下腹部や腰に鈍痛や生理痛がある
  • 月経の期間が10日以上も続く
  • 貧血を起こすことがある
  • 仰向けに寝て下腹部を触ると、こぶのようなものが感じられる
  • 便秘がち
  • 排便の際、下腹部(子宮のあたり)に痛みを感じる
  • 尿の間隔が短い

40歳以上の女性の4人に1人はあると言われるほどの子宮筋腫ですが、自覚症状がないことが多く気がついていない人も多いようです。

自覚症状がある場合でも、悪性の病気と似ている症状のこともあるので、上記のような症状がある場合には、まずは専門医を受診しましょう。

いま現在こうした症状が見られないという人も、病気を早めに見つけられるよう、定期的に婦人科検診を行うようにしましょう。